車検のことが分からない!

車検について誰か教えて!初めてだからまったく分からない・・・という方必見です。 - 車検の種類

新着情報

●2015/08/10
車検の種類の情報を更新しました。
●2015/08/03
企業の情報の情報を更新しました。
●2015/08/03
車検切れの自動車を高く売却する方法の情報を更新しました。
●2015/08/03
車検切れの自動車を車検に通す時の費用についての情報を更新しました。
●2015/08/03
車検切れの自動車を廃車にするにはの情報を更新しました。

車検の種類

公道を車で走る為には2年に一回(新車初回時は3年に一回)の車検を受けなければなりません。
現在では色々な所で車検を受ける事が出来るようになっていますが、車検を受ける場所や方法によって値段や質が変わってくる事はご存知でしょうか。今は車検切れの車を車検として出せるところもあります。それならここ⇒車検切れ車検もお任せくださいクリック車検へ。
今回は車検を受ける場所による違いを紹介したいと思います。
まずはディーラー車検についてです。
メーカーの看板を背負っているディーラーでは、質が良く信頼性が高い車検を受ける事が出来ます。
自社製品に対する知識や経験が豊富であるため、その車種にあった整備や点検を確実に行ってくれます。
土日や祝日も営業しており、代車の無料貸し出しなどサービスが充実している事も多いです。
しかしその分他と比べると割高と言えるでしょう。また、自社メーカー以外の車に対する知識は豊富とは言えない場合があるので他社の車の車検を頼む時は注意が必要です。
次はガソリンスタンドです。
ガソリンを補充するついでに非常に手軽に車検を受ける事が出来ます。
持ち込み、持ち帰りが基本となりますが、安価かつスピーディーに車検を受けらる事が大きな魅力となるでしょう。
しかし整備士のレベルにばらつきがあるので質自体はディーラー程ではないと言えます。
三つ目はカー用品店です。
幅広い車種に対応しており、大手だと全国展開しているため比較的簡単に車検を受ける事が出来ます。
オイルやパーツを多くの商品の中から選べる事もメリットの一つです。
他にも車検を請け負っている所はたくさんあります。
メリット、デメリットを理解した上で車検をどこに頼むかを決めましょう。
車を公道で走らせるためには必ず受けなければならない車検。
車検の有効期間が切れてしまった車で公道を走らせると無車検車運行となってしまい違反点数6点となり、さらに厳しい罰則が科されてしまいます。
では車検を受けられる期間とはどのようになっているのでしょうか。
yhrtrs
車検は2年に一回(新車時初回は3年に一回)受けなければなりません。
車検有効期間最終日に受ける事も可能ですが、予定が合わずに受ける事が出来ないという事も考えられます。
そのため、車検有効期間の一ヶ月前から受ける事が出来るのです。
有効期間の一ヶ月前以降であれば、早めに車検を受けても次の車検が早まる事はありません。
ギリギリになって車検を忘れてしまわないように、早めに車検に出すようにしましょう。
もしうっかり車検が切れてしまった場合、たとえ有効期間を一日過ぎただけだったとしてもその車に乗って車検を受けに行ってはいけません。
業者に依頼してトラックで車検を受けに運んでもらうか、仮ナンバーをつけて車検を受けにいきましょう。
仮ナンバーの貸し出しは、仮ナンバー申請日から三日となっています。
それを過ぎてしまうと無車検車扱いとなってしまうので注意が必要です。
仮ナンバーを借り受けるのはそれほど時間がかかる事ではありませんが、車が使えない分手間がかかってしまいます。
業者に依頼するにもお金がかかってしまうので、期限以内に車検を受けられるように予定を調節しておきましょう。
無車検車に乗ってはいけないことを決して忘れてはいけません。

Copyright(C)2015 車検のことが分からない! All Rights Reserved.